第四章 狂信者の歌2

 駆けだしたルーを追っているうちに、イゼットも人の影に気がついた。あたりが暗いせいではっきりとは見えない。それでも、帽子をかぶっていることと、遊牧民風の衣服を着ていることはわかる。その人は、うずくまっているようだ。尋常でない場所に入りこんで、体調を崩したのだろうか。だとしたら放っておけない。
「大丈夫ですか!」
イゼットは声を張る。その人は、すぐに気づいたようで、顔を上げた。青白い相貌にはだが、笑みが浮かんでいる。なんというか、危機感のない表情だ。
「おや、俺以外に人がいるなんて思わなかったなあ」
「え、えっと?」
聞こえた声までふわふわしている。さすがのルーが速度を落とした。やがて、唖然とした顔で立ち止まる。そのころにはすでに、人はすぐ前にいた。
イゼットより数歳年上の男の人だ。つばのある帽子を目深にかぶっていて、やはり遊牧民の衣装に似た服を着ている。珍しい装いの彼は、二人の視線を受けると笑みを深め、片手を軽く振った。
「旅人さん? このへん、空気悪いから近づかない方がいいよ」
「……それ、どっちかというと、俺たちのせりふです」
嘆きに近い若者の言葉を、男は聞いていなかった。まったりとした表情で首をひねっている。イゼットは、頭を抱えたい衝動をこらえて彼に向き直った。
「あなたこそ、顔色が悪いですよ。ここから離れた方がいいと思います」
「あー、やっぱりそういうふうに見えるのか。なんか気分悪いと思ったんだよねえ」
「離れましょう! 今すぐ!」
勢い込むイゼットの横で、ルーが深くうなずいた。男は相変わらずの様子で、顎に指をかけている。
「そうだね。調査もあらかた済んだし」
調査とはいったいなんなのか。気になりはしたが、二人はあえて問い詰めない。のんびりとした男を連れて、来た道を戻りはじめた。
もともとそれほど進んではいなかったので、ほどなくして荒野を出る。とたんに不快感が薄らいだ。ほっと息を吐いたイゼットは、男と少女を振り返った。
「ルー、大丈夫?」
「一気に楽になりました。イゼットはどうですか」
「俺も平気。……なんなんだろうね、ここ」
妖雲渦巻く空を見る。当然、答えが返るはずもない。暗紫色の雲はやはり、荒野の上だけをぐるぐると回っている。時折弾ける雷光が、だんだん涙のように見えてきた。雨とも違う、雲の流す苦痛の涙。
陰鬱な空気にのまれかけているのかもしれない。イゼットは、こめかみを拳で叩いて、よどんだ妄想を追い出した。
彼がため息をついていると、謎の男性がふしぎそうに目を細めた。
「二人はここのこと、知らずに来たの?」
「はい。たまたま、通り道だった、というか……」
まじめに答えてから、イゼットは目をむいた。
この人は、今なんと言った?
「あなたは知ってて来たんですか!?」
「そうだよー」
珍しく大声を出した若者に対し、男はのほほんとうなずく。それから、左手を胸に当てた。
「俺はこのあたりで、精霊とそれにかかわる土地について研究してるんだ。あそこにいたのもその一環」
イゼットは一応納得する。調査の意味もわかった。それでも、どこかすっきりしない。
向こう見ずな研究者は、彼の内心など知らず人懐こい表情を向ける。
「君たちは? 通り道って言ってたけど、どこに向かってるの?」
「……イェルセリアです」
少し悩んでから、若者は答える。相手の黒い瞳が、少し小さくなった。
「へえ。修行者……ではないよね」
「違います」
イゼットはきっぱり否定した。別の意味での『修行者』なら隣にいるが、彼が言っているのはむろんクルク族のことではない。聖教のことだ。
男の両目がきらりと輝く。のぞいた好奇心はしかし、すぐに穏やかな表情の下へ隠れた。
「単にイェルセリアへ向かうなら、わざわざあそこを通らなくてもいいんだよ」
「別の道があるんですか?」
ルーが表情を変えて、男の方へ身を乗り出した。顔が輝く、というのは、今の彼女のような有様をいうのだろう。男はうなずき、二人の馬がいる方を指さした。
「あちらへ進むと細い道がある。起伏はそんなにないけど、あまりに狭いから通る人は少ないね」
なんと、別の道は意外と近くにあったのだ。イゼットとルーは顔を見合わせて笑う。それから、男の方を振り返った。若者が先んじて礼をとる。
「ありがとうございます」
「いえいえ。俺も助けてもらったしね。それと、方角一緒だから俺も行くよ」
そう言ってから、男は風変わりな帽子をとった。黒い頭が見える。髪の毛は細くて癖が強いようで、野放図に跳ねて鳥の巣みたいになっていた。
「研究者のカヤハンだ。よろしく」
「イゼットと申します。こちらは、連れのルーです」
「よろしくお願いします!」
ルーが元気にお辞儀をすると、カヤハンは「これはご丁寧に」と、楽しげにつぶやいた。

 ふしぎな男に案内されて、イゼットとルーは横道を往く。確かに狭いが、馬が通れる幅だったのは幸いだ。ここまで徒歩で来たというカヤハンの歩調に合わせて進む。途中、イゼットはふと思い立って、カヤハンにあることを尋ねた。
「先ほど、精霊についての研究とおっしゃってましたけど……あの変な場所は、精霊と関係があるんですか」
「それは、俺もわからないんだよー」
カヤハンは薄く笑って、帽子のつばを下げた。
「でも、ああいう現象ってたいていが精霊がらみだろ? だから、調べればあんなことになってる原因もわかるかも、って思ったんだ」
「なるほど。それで、成果は――」
「残念ながら、ない。本当、なんであんな場所ができちゃったんだろうね」
なにも得られなかったというのに、研究者の口調は穏やかだ。それどころか、この状況を楽しんでいるようにも見える。あるいは「未知だからこそ楽しい」のかもしれない。イゼットは、旧友の言葉を思い出して苦笑した。
しかし、すぐ後、カヤハンの顔が真剣みを帯びる。
「ただ、気になるところはある」
そう言いだした男を、イゼットとルーは驚いて見やった。視線に気づいているのか否か――男の態度は変わらない。
「二人は、イェルセリア古王国の伝説を知ってる?」
唐突に投げ込まれた言葉を受け止めて、イゼットは目をみはる。それは彼にとって、幼い日の寝物語のような懐かしさを帯びていた。一方のルーは、眉根を寄せている。
「こおうこく……?」
「――今のイェルセリアの正式な名前は、イェルセリア新王国。その前身となった国が古王国なんだ。もとは、今のヒルカニア北部にあったそうだよ」
イゼットは静かに助け舟を出した。そのときはまだほほ笑ましさがあったが、カヤハンの次の言葉で気持ちは一変した。
「そう。そのヒルカニア北部に、あそこと同じような荒野があるんだ」
旅人たちは絶句する。
薄氷のような沈黙の中、イゼットは槍をにぎる手に力を込めた。なぜだかわからないが、胸の中で薄暗いものがうごめいている。それは予感か。あるいは恐怖か。
「古王国が滅亡した原因って、わかってないだろ? もしかしたら、それがあの荒野ができた理由と関係してるのかもしれない。まあ、そういうのは俺の専門外なんだけどさ」
イェルセリア古王国は、山国だった。ある夜に突然、その山ごと「何か」に吹き飛ばされて滅んだという。その「何か」がなんなのかが、いまだ判明していないのだ。それをほのめかす文書なども見つかっていない。王族や聖女の迅速な対応のおかげでかなりの数の民が生き残り、西へ逃れて新王国を建国したが、彼らも滅亡の原因まではわからなかったようだ。
ただ――世に広まっている事柄だけが、すべてとも限らない。
「聖都に行けば、なにかわかるかも……」
イゼットはかぶりを振り、浮かんだ考えを打ち消す。考えたところで、どうしようもないだろう。
「イゼット、なにか言いました?」
「いや、なんでもない」
だから、ルーにも伝えない。いつかのように、微笑の裏にすべてを隠した若者は、前を向きなおす。
そんなやり取りから半刻後、道が開けて遠くに家の影が見えた。