「風語り」

概要

少年ソラと、少女リネは旅人だ。それぞれの理由で故郷を追われた二人は、あてどなく、しかし平穏に大陸を放浪している。
その平穏は、“魔獣”の出現で終わりを告げる。
神を主とあおぐまじない師たち。幻獣と魔女の因縁。
大陸の絡み合った闇は、二人の旅人を古代から続く争いへと巻き込んでゆく。

これは、神がみの闘争を知らぬ大陸の物語。

本編

プロローグ

  • 第九話 再びの友誼:
  • 第十話 黒が降る:
  • 第十一話 朽ちた理想郷:
  • 第十二話 風語り:
  • 第十三話 再生:

最終話 終わりなき旅

番外編

  • 父の旅
  • ある馬車に乗ったある男の話。
  • 獣の銅
  • 幻獣をたたえる町に、二人の若い旅人がやってきました。
  • しろがねの風
  • とある町の朝市に出かけたリネが、偶然出会ったのは……。

シリーズ

『ラフィアの翼』
本編の六年後、お隣の大陸の話。神話・学園ファンタジー。長編シリーズで第五部まで完結済み。
『神がはじまり、終わる場所』
『ラフィアの翼』シリーズの続編にあたる物語。近代風ファンタジー。約11万文字でいったん完結済み。

登場人物

ソラ
主人公。わけあって故郷を追われ、各地を放浪している。愛用の武器は拳銃。
リネ
ソラの相棒、青い髪の少女。水を操る不思議な力を持つ。
ジェイド
某国の騎士。地方の支部に配属されている。
タスク
情報屋。ソラの親友。
ジルテア
幻獣の隠れ里の長。妖族で狐の姿。
カイル
ソラの父。故人。
フウナ
ソラの母。故人。天族で、竜の姿。